×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



absolutism
〜加護亜依絶対主義者の作ったunofficial-fansite〜

	05/15(日)


		今日も早速アルバム考察をやってみましょう。

		今回は「あぁ いいな!」です。

		この曲はシングルになっている上に、ドラえもんのエンディングにも使われたので、
		みなさんご存知かと思います。

		曲はとても明るい曲調で、「こんな風になればいいのにな」とか、「ここでこういうことが起こればいいのにな」
		という気持ちや好きな人のことを考えたり見たりしている様子なんかが歌われています。

		しかし、この曲には大きな特徴がある。

		みなさんも知っての通り、なまずが随所に出てくるのである。
		なぜなまずなのか、この歌にどうしてこんなものをいきなり登場させたのか。

		私は初めて聴いたとき俺はこの謎についていろいろと考えた、しかし結局いい結論は導けなかった。

		でも、この曲を聴いてる最中にはそういうことを感じないんですが、
		ふと歌詞だけを読んでというか頭で朗読してみると、なんか不思議な歌なんですよね。

		まぁ、ドラえもんのエンディングとしてはいいんじゃないかとw子供が歌いたくなるような感じですからねw

		なんか、考察してるけどなんか微妙・・・俺のテキストは読んでておもろいんだろうか・・・・?