×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



absolutism
〜加護亜依絶対主義者の作ったunofficial-fansite〜

	06/20(月)

		はい、アルバム考察いきますw
		もうちょいで全部いけそうですね、予定通りですね、いい感じですねw
		では、本題へw

		今日考察するのは、「十七の夏」です。

		これは、カバー曲なんですけども、あるひと夏の恋物語みたいな感じですね。
		アップテンポなこの曲ですが、リアルな歌詞が亜依ちゃんも気に入ってるようですw

		こういうカバー曲をダブルユーが出すたびに思うことがあります。
		「原型に近づく」ではなく「ダブルユー色に染め直す」って感じだなと。

		原型を超える、オリジナル以上のものを作るというのは正直無理だと思います、
		ダブルユーの技術がないとかじゃなくて、カバーするというのは
		元々歌ってた人の曲を借りるようなもんですからね、簡単に言えば。

		でも、借り物を借りたままにしないのがダブルユーのすごいところ。
		原曲をそのままカバーして、オリジナルの真似事して終わらないんですね、
		原曲をダブルユー色に染め直すんですよ、さっきも言いましたけどw

		だからだと思うんです、カバーなのにカバーだと思わせないというのは。
		原曲は原曲でいいけど、ダブルユーのもありだなと思わせるのは、
		ダブルユーが無理にオリジナルに近づかないからこそなんじゃないかと。

		こういった部分にもダブルユーの凄さみたいなものが垣間見れるなと、
		そんな風に思った1曲ですw